マイホームを持つメリット

マイホームを持つのか、ずっと賃貸物件に住み続けるのかというのは生活環境によって異なりますが、マイホームを持っていれば良いメリットが沢山あります。ローンの支払いが終われば移住費が一気に軽くなりますので老後住む家に困る事は無いでしょう。また、売却可能であれば老後に売って、老後資金に充てることも出来るでしょう。

分譲住宅と注文住宅の違い

デザインを自分で決める事が出来る

注文住宅は自分で自由に間取りやデザインを決める事が出来ます。家族構成に合わせてオーダーをする事が可能となりますので、家族間のストレスも無く広々と住むことが出来ます。

生活のイメージがしやすい

分譲住宅は既に完成している住宅になっており、内見に行く事で生活のイメージがしやすいというメリットがあります。また、購入から入居までスピーディに行う事が出来るため、直ぐ家が欲しい人におすすめです。

新築の魅力

住宅の性能は年々向上しているため、新築物件を購入すれば最新の設備が導入されている事が期待出来ます。耐震基準も最も新しい状態で家を建てるため、大きな安心を得る事が出来るでしょう。新築マンションは、設備に最新のトレンドが反映されている事もあります。

二世帯住宅を建築する際に気をつけたいこと

家族

意外と気になる足音などの騒音

二世帯住宅で最も気をつけなくてはいけないのが、お互いのライフスタイルが異なるかもしれないという事です。1階と2階で世帯を分ける場合、意外と気になるのが足音などの騒音になりますので、十分に気をつけましょう。

間取りをどうするのかしっかりと決める事

間取りの配置も騒音問題に繋がってきますので事前によく話し合って決める事が大切です。トイレや浴室などの水周りはどうするのか、寝室はどうするのかなど意見をまとめておきましょう。

今だけではなく将来も見据える事

二世帯住宅では基本的に親世帯と子世帯のパターンではありますが、どちらを2階にするのかなど様々な問題があります。今は良くても将来的に不便になる可能性もありますので、ちゃんと考えましょう。

ずっと安心して住める家がいいなら新築で決まり!

一軒家

地震に強い家の特徴

新築で家を建てるのであれば、自由度も大切ですが地震に強い家を建てなくては不安です。地震に強い家の特徴は、正方形や長方形などのシンプルな形を心掛けましょう。あまりにも家の形がいびつだったりしますと、それだけ地震の揺れに耐える事が出来ずに歪みやすくなります。また、木造なのか鉄筋コンクリートなのかといった家の工法も重要です。材質の強度でいえば鉄筋コンクリートのほうが上ではありますが、どちらが耐震性が高いというのは一概に言えません。各々のメリットやデメリットをきちんと理解して決めるようにして下さい。また、増築や改築を繰り返すとそれだけ地震が起こった時にバランスを崩しがちです。一度家を作ったら出来る限り大きなリフォームはしないように心掛ける事が大切です。

地震に強い家の施工はコチラに依頼☆

二世帯住宅施工の専門業者を厳選公開♪